鼻の毛穴の黒ずみの原因と対策

pospoasjakjkjsdskdjee

鼻の毛穴が黒ずんでいて何とかしたいと考えている人は非常に多いです。鼻のてっぺんや小鼻が黒ずんでいると、それだけで鏡を見るのも嫌になってしまうものです。恥ずかしさのあまり人と顔を合わせるのが嫌になってしまうこともあります。

鼻の毛穴が黒ずんで悩んでいるのは女性だけではありません。仕事がら人と接する機会の多い男性も鼻が黒ずんで悩んでいる人も多いです。

鼻が黒ずんでいると人からは顔の手入れをしていないように見られてしまいがちです。そのためだらしがない人と受け止められている人も多いのです。

鼻毛穴が黒ずんでしまう原因をしっかり把握することで、鼻が黒ずむのを予防したり、解消させることができます。鼻はどうして黒ずんでしまうのか、原因と原因別に注意したい点について紹介します。

鼻の毛穴の黒ずみを解消させるためには原因を知ろう

鼻の毛穴が黒ずんでしまう原因の一つ目はまずは産毛による黒ずみです。産毛による黒ずみの場合、触ると少しざらついたり、よく見ると毛穴から産毛が少し生えていることがあります。

産毛による黒ずみの場合、毛穴から見えている毛そのものが黒ずみの原因となっているため、いろいろなお手入れを試みてもなかなか黒ずみが消えない場合は産毛の可能性があります。

産毛が原因の場合、産毛を脱毛することが黒ずみを解消させるポイントとなりますが、自分で処理しようとすると別な黒ずみの原因となってしまうこともあるため、どうしても気になる人は美容皮膚科などで脱毛の相談をしてみましょう。

鼻はなかなか触らないイメージのある場所ですが、実は意外に触っていることが多い場所です。また、顔の中でも一番出っ張った部分であり、紫外線などの刺激を受けやすいところでもあります。

触ったり、紫外線を受けたりなどの刺激によってメラニン色素が過剰に分泌され、鼻の毛穴周辺を来るく見せていることがあります。

メラニン色素が原因で黒ずんでいる場合には、まずは刺激を極力減らし、紫外線対策もしっかりと行います。正しい洗顔方法で顔を洗ったあと、保湿成分がたっぷり入った化粧水や美容液などでしっかり保湿し、美白成分として有効な化粧品や、ビタミンCやビタミンB群が多く含まれる食事を心がけるなどして、メラニン色素の過剰生成を抑えます。

鼻の毛穴が黒ずむ原因で一番多いのは、鼻の毛穴が詰まってしまうことです。鼻の毛穴に詰まった汚れや角栓などが空気に触れて酸化し、黒くなってしまうことによって黒ずんで見えます。

毛穴のつまりによって黒ずむ場合は、広がった毛穴の影が黒く見えて、黒ずみが目立ってしまうこともあります。毛穴の詰まりによる黒ずみの場合は、自分の肌に合った洗顔料を使って、よく泡立て、泡で包み込むようにやさしく洗顔します。

洗顔が終わったらぬるま湯でやさしくしっかりと洗い流します。水分もごしごしこすらないでやさしく抑えるように拭き取りましょう。洗顔が終わったらしっかり保湿を行い、毛穴を引き締めます。

鼻の毛穴に詰まった角栓の簡単な取り方

鼻は顔面の中でも皮脂をたくさん分泌させる場所です。そのためほかの場所より汚れや皮脂が非常にたまりやすくなってしまいます。

皮脂や汚れで毛穴をふさぐものを角栓と呼びますが、角栓が空気に触れて酸化すると黒く変色してしまい、鼻の毛穴の黒ずみになってしまうのです。

鼻は顔の中心部分にあるので黒ずみなどができてしまうと非常に目立ってしまいます。自分で恥ずかしいと感じているだけであればいいのですが、ほかの人から顔の手入れもしないだらしのない人と見られてしまうこともあるのです。

鼻の黒ずみのほかの原因である、産毛やメラニン色素による黒ずみはなかなか解消させるまでに時間がかかりますが、鼻の毛穴が角栓で詰まって黒ずんでいる場合は、角栓を取り除くことで解消させることができます。角栓を取り除く方法について紹介します。

eeeeeeeeeeeehhhhehhehehhe

簡単にできる!!鼻の毛穴の角栓の取り方

角栓を取り除くというと無理やり指で押して強引に取ろうとする人がいます。しかし、強引に取ると刺激でメラニン色素が過剰分泌されてしまいますます黒ずんでしまいます。

また、ほかの肌トラブルなどを引き起こして外に出ることができないような顔になってしまうことがあるので強引に指や毛抜き、ピンセットなどを使って取り除くのは絶対にやめてください。

簡単に肌に刺激を与えずに、鼻の毛穴の角栓を取り除く方法として、綿棒にオイルを湿らせて取り除く方法があります。

洗顔と保湿を終えた状態で、普通の綿棒に肌に優しいオイルを湿らせたら、その綿棒で黒ずんでいる鼻の毛穴の上をマッサージします。

ころころと転がしたり、なでるようにしたり、様々な角度からマッサージを行います。しばらくマッサージを続けたら、角栓部分を横から押し出すようにします。

それでも出てこない場合には、綿棒を2本使って挟み込むようにして出すと簡単に出てきます。角栓を出した後はもう一度正しい洗顔方法でやさしく洗顔し、保湿を十分行って終了です。

後は角栓が鼻の毛穴に詰まらないように毎日しっかりと洗顔と保湿を行うことが大切です。

鼻の毛穴の黒ずみを解消させる意外で手軽な方法

鼻の黒ずみに悩んでいる人は男女ともに非常に多いです。鼻は顔の中で最も皮脂の分泌が多い場所であるため汚れやすく、また、顔面の中心にあるため非常に目立つ部分なのです。 鼻が黒ずんでいると恥ずかしいのと同時に、人からだらしがな […]

続きを読む